2019年5月17日金曜日

王寺教会HPトップページ


      5
月は家族月間 

 『家族を強く、楽しく、温かく』

5月19日 午前10:30 礼拝  「子供にとって大切な10の必要(1)」

5月19日 午後13:30 親の会  (子育て中の親の集いです)

5月26日 午前10:30 礼拝  「子供にとって大切な10の必要(2)」

                                 お話は田辺寿雄牧師が担当します。どなたでもご参加ください。




2019年5月15日水曜日

20190512ファミリーサンデー礼拝

5月は家族月間。王寺教会では「家族を強く、楽しく、温かく」をテーマに催し物が用意されています。

5月12日は母の日でファミリーサンデー。ゲストとして牧師であり、発達支援を必要とする子供たちのための事業所を設立し、日々子供たちとともに歩む宮谷正子牧師をお迎えして礼拝、午後の講演会でお話を伺いました。ファミリーサンデー礼拝賛美

礼拝では、創世記2章7節から。神様から生命を吹き込まれた私達が愛によって他の人に生命を吹き込んでいける可能性が語られました。生まれつき重度の障害を持った男の子が献身的な愛によって育てられ天才ピアニストとして活躍したレスリと育ての親メイの奇跡のDVDを見ました。

講演会では子供たちの心に寄り添うために、彼らを条件をつけずに全面受容すること、愛されて大切に思われていることをちゃんと伝えることなど、ご自身の5人の子育てや保育に関わった豊かな経験から分かりやすく楽しく語って頂きました。子育て世代はもちろんのこと、子育てが終わった世代にとっても、人に寄り添うことを学んで多くの感動をいただいた時間でした。







また、お昼からは会堂内外で同時進行で「子供フェスタ」。
大人たちが様々なゲーム、射撃やヨーヨ遊びや似顔絵などで来会した子供達と遊びました。(Re)


















2019年5月13日月曜日

20190505野外礼拝

初夏恒例の公園での野外礼拝です。
今回は、ケニアからのムシンバ板倉さんのご家族をゲストに、体験談を伺い、スワヒリ語の賛美やケニア流の踊りながらの賛美も習い、短かめのメッセージ。
その後、
みんなで美味しいお弁当を広げおやつを食べ、食後にはゲームを楽しんだりの超楽しい礼拝でした!(Re)

2019年5月10日金曜日

5月12日(日)ファミリーサンデーのご案内


5月は家族月間『家族を強く、楽しく、温かく』


512() ファミリー・サンデーのご案内

午前10:3012:00 母の日礼拝 お話「吹き込まれたいのち」
午後1:303:00  子育て講演会 お話「家族が元気になるために」
講師:宮谷正子牧師(奈良福音教会牧師、すまいる保育園理事長)

家族を大切に思うすべての人に、聞いて頂きたいお話です。ぜひお越し下さい。

午後1:303:00 子供フェスタ(入場無料)
射的、ヨーヨー救い、輪投げ、似顔絵コーナー、母の日工作など、子供たちのための
楽しい時間です。親御さんは講演を聞いている間、お子さんたちは、子供フェスタで
お過ごし下さい。(牧者)




2019年5月1日水曜日

20190428平成最後の聖日礼拝

新天皇が即位し、時代は「平成」から「令和」へに移りました。
4.28の礼拝説教は「歴史を治める神〜新時代を前にして」ダニエル書2:17~23

1、私は初めであり終わりである」とおっしゃる神様が歴史を支配しておられる

2、神の言葉は変わらない。「神の言葉は生きていて力があり」(ヘブル4:12)

3、私たちは救いの時代に生きている。神様はすべての人が救われるのを待っていらっしゃる。

結び:ペテロ第一4:17「万物の終わりが近づきました。ですから祈りのために、心を整え身を慎みなさい。」私たちは祈っているか、愛する人達が救われるために、という問いかけを改めて頂き心を引き締めました。

新しい賛美を歌いました。https://www.youtube.com/watch?v=5eoVKui3lPc
壁にはイースターの飾りがあります。

次の聖日は恒例の野外礼拝。緑の木々の公園のなかで行います。
また、五月はファミリー月間。5.12には子育て講演会を開催します。
どうぞご家族でお出かけください。(Re)



2019年4月28日日曜日

20190426告別式

王寺教会の最高齢98歳の愛姉が天に召されて告別式がもたれました。
何年もの間、家族のみなさまから手厚い介護を受けられ平安のうちに天寿を全うされたと聞いております。教会での式は花と賛美に囲まれ、天国での再会、希望のメッセージが語られました。(Re)
「キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。」
                          (ローマ8:1)
「生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。」(ローマ14:8)







     

2019年4月24日水曜日

20190421イースター礼拝

初夏を思わせるお天気の聖日、イースター礼拝に参加しました。



礼拝では、ギター演奏があり、聖書朗読と賛美を交互につないで、キリストの十字架から死、そして復活までの物語が綴られました。ゴスペルコワイアが練習を積んだ賛美を歌いました。youtubeで聞いてください。

説教のタイトルは「あなたのために」
御使いは、からの墓の前にたたずむ弟子たちに現れ、「さあ行って弟子たちとペテロに伝えなさい。『イエスはあなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われた通り、そこでお会いできます。』」と。(マルコ16:7)その出来事を通していくつかのことを学びました。
○一番弟子のペテロは、イエスが逮捕された時、その人は知らないと言って裏切りましたが、イエス様はそんなペテロが信仰を失わないかと案じておられました。その時のイエス様の眼差しによってペテロへの許しと愛を見て取れます。(ルカ22:61)そして、復活されたイエス様は失意のペテロに会いに来るように言ってくださった。
○イエス様はあなたの罪も許してくださる。私たちのために父なる神にとりなして祈ってくださるおかた。
○ガリラヤはイエス様と弟子たちのふるさと、そこに主が先に行って待っていてくださる。主は生きていて、いつも私達より先に歩いていてくださる、その確信を新たにしました。たとえ、どんな時代がやってきてもイエス様は生きていらっしゃるから私達に不安はないと確認いたしました。
最後に「イエスがいるから」という賛美を全員で。
Because He lives, I can face tomorrow,
Because He lives, all fear is gone,
Because I know, he hold feature,
And life is worth living, just because He lives.(人生は素晴らしいという和訳)




お昼はいつもの炊き込みご飯におかずも色々、デザートとコーヒー付きの100円!今日は特に大勢でいただきました。






午後からは教会墓地のある高安山霊園にみんなでドライブして行き墓前礼拝です。
天国に逝かれた方々を偲び、私達も天国への希望を抱くひと時を持ちました。
桜は散っていましたが新緑が目に眩しい(Re)




2019年4月12日金曜日

4月21日イースター礼拝へどうぞ!

4月21日は今年のイースター(復活祭)礼拝の日です。
冬から春へ向かう季節、キリスト教にとってクリスマスの次に大事な行事です。

イエス様が十字架ですべての人の罪の身代わりとなって死んでくださり、お約束通り三日目によみがえってくださった事を記念してお祝いします。

そのことによって、イエス様を信じる人は、罪が許され死んでもよみがえることが約束されているのです。

讃美歌をみんなで歌い、ゴスペル賛美の発表や体験談やメッセージなどを聞いたり楽しくすごします。お食事もご一緒に!どうぞお越し下さいませ!

5月の講壇では「ヨセフの生涯」からいったん離れて、家庭や子育てのテーマを扱います。
子育てをテーマの講演会も予定しています。(Re)

20190407聖日礼拝「自分の身を明かしたヨセフ」

新しい年度が始まり、新しい学校へ職場へとまた様々に環境が変わる時期です。
新しい気持ちで神様に向かう日曜日の朝。
子供達の聖句詩篇23篇の暗唱を聞き、賛美リーダーに導かれて、新しい賛美新しい賛美を歌いました。


今日のメッセージ箇所は創世記45章。
ヨセフはお兄さん達との再会を果たし自分の身を明かします。兄弟は和解し、イスラエルの人々にとって神様の摂理、祝福の中を進んで行きます。

●神様は約束を守ってくださる
●神様は私の人生を導いてくださる
●神様は私の人生を用いてくださる

「神を愛する人たち、すなわち、神のご計画に従って召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)

今日のご飯は定番の炊き込みごはんに加えて会員お持たせのおかずや菓子がいっぱい。皆で嬉しく食しました。(Re)

2019年4月4日木曜日

20190331牧師歓迎愛餐会

教会創立記念礼拝のあと、牧師歓迎愛餐会です。
私たちの教団は牧師の任期は1年。今期一年も田辺先生方にいて頂く事が決まり感謝でいっぱいです。

おいしいお弁当とデザートやコーヒーなどを頂きながら歓談し、その後、組会ごとに感謝や歓迎の言葉、そして歌や演奏などを先生方にささげました。
優しい女性コーラス男性コーラスの元気な歌声、やさしいギターの音色や(youtubeでどうぞ!)ゴスペル演歌も!

婦人達の合唱では「太陽」にようなのぶえ先生の指揮なくては「ひまわり」は歌えませんということで、主賓に指揮をお願いしました。曲目は讃美歌「いかなるときにも」。

先生ご夫妻も今日はおひなさまのように一緒に座られてリラックス、皆で楽しみました!(Re)



20190331教会創立(56周年)記念礼拝

恒例の創立記念礼拝を持ちました。
56年前、王寺の駅の北側、久度の地のちいさな民家からスタートして現在の本町に移転し、二度の改装を経て現在の姿になりました。
王寺教会は、大和高田の教会から別れて女性の先生と信徒数人でスタートしました。当時の写真、昔建物のあった場所やメンバーの写真をみんなで見て当時を偲びました。
また創設期のメンバーのおふたりから、教会に行き始めたきっかけなど思い出話を伺い、
神様のお働きと王寺教会への祝福を深く知る事が出来ました。

聖餐式を持たせて頂き、今後も皆で心ひとつとなり進んで行こうと気持を新たにしました。メッセージは「キリストが愛した教会」エペソ人への手紙5:25〜33より。(Re)







2019年3月21日木曜日

20190317聖日礼拝

暖かさと寒さが交互にやってくる季節の変わり目の頃、聖日礼拝のメッセージは創世記42章からヨセフの生涯の連講。ヨセフと兄たちの再会、和解へのプロセスを見ながら、神様のご計画の中に和解が入っていることを確認しました。
そして、私たちの人生にあって、人との和解、そして神様との和解ということに想いを馳せました。
また、新しい賛美のうたを練習しました。



お昼ご飯は、いつもの炊き込みご飯に今日はおかずが数種類、デザートは4種類もついて豪華です。
水曜日27日午後3時から4時まで、教会の前にオアシス梅田店の出張販売のゴスペル・ボックスカーが来る予定です。信仰書や文具や小物など買えます!どうぞおいでください(Re)

2019年3月11日月曜日

20190310聖日礼拝ヨセフの生涯

春めいていますが、雨っぽい聖日の朝です。
礼拝で賛美の時、みんなで声いっぱい歌い心を神様に向けます。youtubeでお聞きください。明日を守られるイエス   大波のように
私たちの教団は牧師の任期が1年間です。教団の年会を終えて、今年度も田辺先生ご家族を王寺教会にお迎えすることができて喜びでいっぱいです。

なお、年会があった東京から帰り途にある松山教会の須藤先生ご家族をお客様としてお迎えできました。讃岐うどんの産地におられる先生は、「のどごしのよい、こしのある麺のような」教会だと王寺教会を称してくださいました!
礼拝説教では、神様がヨセフの生涯をどのようにデザインされたか、人の思いをはるかに越えて、神と人に用いられる人物へと出来ごとを学ぶ2回目。
ヨセフは夢を解く力を請われて、囚人から解かれ、総理大臣になります。ドラマティックな展開!ヨセフは、ヨセフのための計画を成し遂げて下さる神に、謙虚さと信仰と与えられた賜物を用いて答えて行くのです。

終わりに、この教会で洗礼を受けられた姉妹が引っ越しなさるので送別の式が持たれ、みんなで別れを惜しみました。(Re)






20190310春のゴスペル教室始まる!

春のゴスペル教室が始まりました!
イースターに向けて4回シリーズ。(1回500円、1回だけの参加もok)
三部の混声のコーラスで、3曲を練習していきます。
テンポの良い曲、しっとりと聴かせる曲など、楽しく練習します。


終わってからのお茶は和やかで楽しいひとときです。

2019年2月25日月曜日

20190224歓迎礼拝

2月の最後の日曜日は、教会の婦人の会「エステル会」主催の歓迎礼拝で、今日はインマヌエル堺教会の蔦田聡樹先生のお説教です。教団創設者の血筋の先生です。お説教にもお姿にもお父様先生の懐かしい面影をみました。
私たちは「神のよい作品」というエペソ人への手紙2章1〜10節からのお説教で励まされ心温められました。

 
司会、歓迎の言葉、賛美もエステル会(50歳〜90歳代の婦人たち)が担当しました。





昼食は「エステル食堂」で炊き込みご飯におかず数種、デザート、コーヒー付100円のおいしいランチで、
心もからだもマンプクの一日!!(Re)

2019年2月20日水曜日

20190217礼拝・「奴隷から囚人になったヨセフ」

2月より礼拝説教で創世記からヨセフの生涯を学び続けています。
今日はヨセフの運命がドラマティックに変わっていく箇所でした。
お父さんヤコブに溺愛されていたヨセフはお兄さんたちの憎しみを買って、奴隷に売り飛ばされました。そして、今度は奴隷から囚人になってしまった悲運のヨセフ。
このヨセフから、わたしたちが試練や誘惑の中を通らされる時、主と共にどう歩むべきかを学びました。

「神は真実です。あなた方を耐えられないような試練にあわす事はなさいません。
むしろ、耐えられるように、試練と共に脱出の道も備えていてくださいます。」
                  (コリント第1 10:13)

最近この言葉が白血病にかかっている事を発表した池井選手の信じることばとしてテレビで流されるようになりました。
彼女の試練に神様が共にいて乗り越えさせてくださるように祈ります。

礼拝賛美のとき。

最後の讃美歌は「ひとあし歩むたびに」(Re)

2019年2月15日金曜日

20190213水曜日は祈祷会の日

立春は過ぎましたが厳しい寒さが続いています。しかし、教会の前には美しい花々が育っています。

今日は水曜日、午前と夜に祈祷会があり、午後には聖書を学ぶ会がもたれています。

今日は預言書の学びの日です。エレミヤ書を学び始めています。

美味しいコーヒーとおやつが出て、
雑談の時も心和むときです。(Re)

2019年2月5日火曜日

20190203礼拝・夢見る人ヨセフ

「私の人生 神のデザイン」の教会標語で始った今年の礼拝説教は、
旧約聖書からまずヨセフの生涯を学びます。

今回は創世記37章「夢見る人ヨセフ」と題して。
彼の人生を神様はどのようにデザインし、どのように導き、完成されたかを見ました。
ヨセフの生まれた家庭環境のこと。父や兄たちとの関係、そして、夢の解釈に秀でていたヨセフの夢の話、ヨセフの人柄。それらを生かしつつ神様はヨセフの生涯を御心のままにデザインされ尊く用いられました…。

賛美の時には新しい讃美歌も加えられ、皆でたのしく歌いました。
(「新しい讃美歌」をクリックすると動画に繋がります。
youtubeでどうぞお聞き下さい。)
「心静かに」
 日差しが温かく感じられるのは立春だからでしょうか。(Re)


 

2019年1月21日月曜日

20191月礼拝「私のデザインを生きる」

冬らしい寒さがやってきました。教会の中は暖
房が効いて暖かです。何より私たちの命の食事である神様のお言葉を頂けるところ。

新年から聖日礼拝は「私の人生、私のデザイン」というテーマで語られました。
今回は「神のデザインを生きる」と題して、神のかたちに造られた私たちが、神との交わりの中に生きるようにデザインされており、また、人々との交わりの中で生き成長し、そこから多くの祝福を受けるようにデザインされている生き物であることを、新・旧約の聖書の中から学びました。

年頭に当たって、家庭や社会のなかで私たちがどのような交わりの中にいるか、もう一度確認して、そのなかで今年は、どの交わりを深めて行くのかをそれぞれ黙想して祈りました。

礼拝後の昼食は、教会員の婦人たちのおこころざしで毎回美味しい食事が(炊き込みご飯とおかず、時々お菓子や果物つき)食後のコーヒ付で100円です。どなたでもどうぞお越し下さい!(Re)


2019年1月4日金曜日

2019元旦礼拝

元旦礼拝において、今年の教会の新しい目標が示されました。

「私は、いと高き方、神を呼び求めます。
私のために、すべてを成し遂げてくださる神を。」(詩篇57の2)
”I cry out to God Most High,to God who fulfills his purpose for me."

神は私の人生に目的を持っておられ、デザインされる。
愛ゆえにそれを実行され、成し遂げてくださる。神の愛の手に陥る素晴らしさ。

今年の自分の信仰の(人生の)課題を携えて神様に委ね、一年のスタートを切る朝でもあります。

年の初めに神様への感謝と献身のお祈りを捧げ、聖餐式が行われました。
それからにぎやかに写真撮影です。

離れた土地にいる家族が帰省し、母教会に集う日でもあります。
写真に納まりきれるかどうかの多数のファミリーが教会に集まった礼拝です。(Re)



2019年1月1日火曜日

5月はファミリー月間、子育て、家族を考える!


      5月は家族月間 

 『家族を強く、楽しく、温かく』

5月19日 午前10:30 礼拝  「子供にとって大切な10の必要(1)」

5月19日 午後13:30 親の会  (子育て中の親の集いです)

5月26日 午前10:30 礼拝  「子供にとって大切な10の必要(2)」

                                 お話は田辺寿雄牧師が担当します。どなたでもご参加ください。