2018年12月30日日曜日

2018年最後の礼拝・転会式(2018/12/30)

2018年最後の礼拝では幸いな転会式が持たれました。

1年ほど前から王寺教会の礼拝や集会にそれぞれに出席されて、励んでおられたクリスチャンの3人の女性がた。
今回、洗礼を受けた教会から私たちの教会に籍をうつされ正式会員となられました。

神が伴ってくださった出会いに感謝して、3人の方々の信仰生活がこれからも祝福されるように皆で祈りました。(Re)



2018年12月26日水曜日

クリスマス礼拝(2018/12/23)

クリスマス礼拝の日。
音楽は、ハンドベル、ギターとオカリナの合奏やゴスペル賛美。聖書朗読。
メッセージは「明日への希望」。多くの聖書の箇所を開き、聖書が与える希望とは、安心を与え、確信を与えるものと学びました。
わたしたちのために御子を降して、むなしい生き方から解放し、「愛と希望」を与えてくださった神様に向かって、心より感謝と喜びの賛美を聞き、又捧げることの出来た礼拝でした。

礼拝後の愛餐会では婦人たちの作った手作りのごちそうやケーキを楽しみました。
又、その後ゲームやプレゼント交換でおおいに盛り上がりました!
会員のお友達なども参加されて、大いににぎわった一日でした。(Re)



2018年12月20日木曜日

アドベント礼拝・献児式(2018/12/16)

アドべント礼拝3週目、ハンドベルの演奏で始まった礼拝でした。
その清らかな響きが、地上に平和をもたらすために御子イエスを降された天からの喜びに聞こえます。

今日は1歳を過ぎた幼子が献児式の恵みに預かりました。
誕生時に心臓に問題があったのですが多くのお祈りに支えられて治癒されました。
その感謝と共に赤ちゃんの生涯に神様の祝福が届けられるように家庭が祝されるように皆で祈りました。(Re)



2018年12月18日火曜日

クリスマスコンサート2018/12/15

ゲストは デュオ高瀬さん。おふたりによるヴァイオリンとピアノの素晴らしいコンサートでした!!

ヴァイオリンの音色が、自由自在、「雲雀」の鳴き声やカタロニア地方の「鳥の歌』になりました。
ピアノが目立たずしっかりと支えられます。

よく知られている曲から、讃美歌、クリスマスソングなどを素晴らしい編曲で楽しみました。
音楽は、教会のクリスマスの壁飾りのように、五線譜をたどるように、天に昇って、楽しく美しい世界へみちびき、遊ばせて下さいました。

また、ピアノ担当の奥様のお話には驚きました。今年の春、白血病になられて今も闘病中と。死を覚悟した時、奇跡のようにお祈りによってそこを抜け出たお話。淡々と笑顔で話される様子はまるで天使のよう。

70人以上、半数は会員以外の方々と共に、音楽とお話に深い感動を覚えた午後でした。(Re)


2018年12月11日火曜日

アドベント礼拝(20181202〜)

クリスマスを待ち望む待降節(アドベント)とよばれる時期に入っています。
教会では、礼拝説教はクリスマス講壇となり、クリスマスの出来事が話されます。
今年の王寺教会のテーマは「愛と希望の音色にのせて」でした。牧師先生のネクタイにもLoveとHopeと書かれています!
講壇横の燭台のろうそくの2本目に点火されました。

また、奈良の教会では様々なクリスマスの催しが行われています。1日に行われた奈良福音宣教協力会(南地区)主催のクリスマスコンサートも小坂忠さんをゲストに香芝市のホールで380名の方々と共に恵み溢れた時を持つことが出来ました。
今週私たちの教会では、ゲストのデュオ高瀬さんによる、バイオリンとピアノと歌のクリスマスコンサートが予定されています。
どうぞみなさまでお出かけ下さいませ。
クリスマスの喜びを地域の大勢の方々とわかちあうことができますように!
神様の祝福が地上に愛と希望をもたらしますように!(Re)


















2018年11月21日水曜日

2018/11/11クリスマスの飾り付け

少し早いですが会堂内外でクリスマスの飾り付けを行いました。
講壇の前は今年のクリスマスのテーマの”愛と希望の音色にのせて”を表現しています。
5本のりぼんが音符をのせる五線紙のようにのびて、赤ちゃんイエスさまの所に届いています。愛と希望をのせて!
神の御子イエス様のお誕生という私たちに与えられた素晴らしい祝福が愛と希望を叶えてくれます!(Re)








クリスマスの準備〜12/8 こどもクリスマス会のために〜

12月8日(土曜日)にもたれる子供たちのためのクリスマス会の工作の準備を有志で行いました。
トールペイントのクリスマスツリーです。下絵、下塗りをすませて子供たちが来て、すぐに楽しく絵をかけるように。
晴れた日差しで絵の具もよく乾き、まだ時間がありますが準備万端です。
用意するとき、私たちの中にクリスマスの喜びが早くも訪れてきます。
お友だちと、親子で、おじいちゃんやおばあちゃんとご一緒にぜひご参加下さい。
参加費は大人も子供も一人300円。(材料費・おやつの費用)(Re)



2018/11/15パン教室カフェ・コンサート

王寺教会のパン教室が主催する、グラスを楽器にして演奏する(グラスハープ)コンサートが昨年に続いて開催されました。
グラスに水を張って縁を指でこすって音を出します。
グラスの奏でる清らかで澄んだ音色!
クラシックではバッハのG線上のアリアやサティのジュブべ、アメージング・グレイスや日本のなつかしい唱歌など何曲も聞いて心いやされました。また、グラスで音を出す体験をさせて頂くなごやかなひとときも。
その後、パン教室の生徒さんがたが作って下さった、シナモンロールとキノコのスープのランチをみんなでおいしくいただきました。(Re)


                                                         







2018年11月12日月曜日

2018年11月7日ケニア宣教報告(祈祷会)

インマヌエル総合伝道団からケニアに医療宣教師として派遣されている蔦田就子先生が、王寺教会をおとづれて下さいました。
18年にわたってケニアのテヌウェック病院での看護師としてのお働きや現地の状況などの報告を伺いました。
私たちの国とは全く違う環境に驚きます。
病気や生活の貧しさや様々な苦しみのなかにあるアフリカの方々と共に歩み、全てをささげておられる姿に感動を覚えます。(Re)



2018年11月7日水曜日

201811月4日歓迎礼拝(ナザレ会)

今回は若いおかあさん中心の会ナザレ会担当の歓迎礼拝です。
歓迎の言葉、司会、音楽、証をナザレ会で担当しました。
礼拝音楽はこの日結成した5色の衣をまとった「ナザレンジャー」により美しい女声賛美が聞けました。

礼拝は「満ち足りた心を持つ人に」ピリピ人への手紙4章11~13節より。

クリスマスや年末に向う日々にあります。イエス様とつながって満ち足りた心で、自分も廻りの方々も潤されるそのような毎日を送りたいと思いました(Re)

2018年10月28日日曜日

クリスマスのチラシが出来ました!

2018年度のクリスマスのチラシが出来ました。12月15日のクリスマスコンサートの他、
諸行事の日程の案内は裏面をご覧下さい。





早速、次回の聖日4日の礼拝後午後1時15分より
ゴスペル賛美のクラスが始ります。
どなたでも、また単発でも、okです。
リズムに乗って大きな声で賛美を歌う楽しさを共に味わいましょう!(Re)















2018年10月16日火曜日

20181007歓迎礼拝no2 音楽プログラム

ヨセフ会による歓迎礼拝の中の音楽プログラムです。
オカリナとギター合奏
ギター演奏
ギター演奏2
讃美歌の男声合唱


静けさと力強さ。
ある時は優しくある時は確信に満ちて、魂に聞こえてくる神の声を思わせる音楽やコーラスでした。(Re)

20181007歓迎礼拝

新しい賛美歌です。
王寺教会のヨセフ会(塾年男性の組会)主催の歓迎礼拝です。司会、歓迎の言葉、信仰の体験談、音楽プログラムの楽器演奏、讃美歌コーラスなどこの日のためにみんなで協力し練習しました。男性たちのさわやかな笑顔と力強い歌声が印象的でした。

メッセージは9月から始った「より良い自分へ」4回目『より謙虚な自分になる』(ペテロ第1、3:1〜4)から、「謙遜」。
神の前で生きるためには、くだかれた心を持つこと。
そのためには自分の罪を認めること、従順な心を持つこと。
その理由と方法とを聖書の様々な箇所を開いて教えて頂きました。(Re)



2018年10月9日火曜日

クリスマスが近づいて…

王寺教会の新しい礼拝賛美の曲です。
                  
礼拝ではメッセージの前に神様に賛美の捧げものをする心で毎回3、4曲の讃美歌を心一杯歌います。楽しいひとときです。

今年もあと3ケ月になりました。
教会ではそろそろクリスマスの準備に取りかかり始めました。

奈良のキリスト教会の集まり、奈良福音宣教協力会が企画する「県民クリスマス」は、
12月1日(土曜日)にゴスペルシンガー、小坂忠さんをゲストに迎えて香芝市モナミホールでコンサートを行うことが決まりました。


2018年9月27日木曜日

ケニアからのお客様(2018.9.23)

ケニアのコイノニア・センターの市橋先生が王寺教会に来会されて、礼拝と午後の報告会を持ってくださいました。ご夫妻が宣教師としてケニアに渡って30年。キリスト教の信仰を伝えながら、スラム街の子供たちのこころとからだをケアする働きから始められ、幼稚園を作り、子供たちを教育する施設の他にも生活するための様々な施設をつくり尽力なさいました。

とくに今年は新しい土地にコイノニアセンター建設のために広大な土地があたえられ、建設が開始されようとしている素晴らしいお話を聞きました。
スライドを見せて頂き、ケニアでの働きの報告の時を頂きました




コイノニアの市橋先生とこどもたち


子供たちの演劇「ピースチャイルド」は毎年上演されるそうです。
ケニアのコーヒー、紅茶や
おかあさんたちの作るカラフルで元気が出る布を使った手工芸品などの品々の展示販売もありました。安くて嬉しい買い物でした!
コイノニア
今日の教会の昼ごはんは格別においしいランチでした!(R)




2018年9月20日木曜日

2018年9月17日・インマヌエル総合伝道団関西聖会

王寺教会の所属するインマヌエル総合伝道団の関西地区の教会で合同聖会が須磨で持たれました。「クリスチャンライフをきよく楽しく」というテーマで講師の先生が語ってくださいました。
様々な集会がありましたがそれぞれ楽しくも真実な集会で、自分の信仰と生活を見直すよい機会になりました。











                  
聖会の前の讃美歌は各教会の参加者から自由参加で、にわか仕立てですが、その力強い見事なハーモニーで圧倒されました。(R)

2018年9月15日土曜日

2018年7月七夕賛美礼拝音楽

7月七夕賛美礼拝音楽です。
ゴスペルは11月からクリスマスに向けて新しい練習が始ります。
どうぞどなたでもご参加下さい。
オカリナとギター演奏

2018年9月12日水曜日

歓迎礼拝(エステル会担当)2018年9月9日)

エステル会という婦人会が担当の歓迎礼拝でした。司会、歓迎の言葉、音楽、信仰の体験談を教会の会員の婦人たちが担当しました。
家族やお友達も来会されて和やかな交わりのある礼拝でした。
メッセージは新しくシリーズで始まった『より良い自分へ〜成熟を目指して』の第1回
コリント第2の手紙 4:16~18より、私たちの衰えやすい外なる人と新しくされる内なる人について学びました。そして長い苦しい人生の道筋でも、私たちは主につながっているなら決して落胆することはないと聖書から励ましを頂きました。

そしてこの日は、男性の会員の方々が昼食の準備、後片付けをしてくださいました。男の料理と言いますが、その味付けなどおいしかったことは想像以上でした!(R)

  



 






2018年9月6日木曜日

召天者記念礼拝(2018年9月2日)

毎年9月の第1聖日は恒例の召天者記念礼拝です。教会員やそのご家族で先に天に帰られた方々の生涯を偲び感謝し、神様の栄光を拝し祝福を頂く礼拝です。

故人の思い出を語って頂くプログラムもありみなさんと良き時を共有しました。この日は普段はお会い出来ない召天者のご親族の方々もお越しになり、賑やかにお交わりを楽しむとが出来ました。(R)

2018年8月29日水曜日

夏休みお楽しみ会(2018/8/26)

朝の礼拝に、午後の映画会、夕方からは夏の恒例のお楽しみ会がありました。
焼きそば、かき氷、ゲーム、花火と、
大人も子どももいっぱい楽しみました。教会最高です。😀(Ke)