2018年12月30日日曜日

2018年最後の礼拝・転会式(2018/12/30)

2018年最後の礼拝では幸いな転会式が持たれました。

1年ほど前から王寺教会の礼拝や集会にそれぞれに出席されて、励んでおられたクリスチャンの3人の女性がた。
今回、洗礼を受けた教会から私たちの教会に籍をうつされ正式会員となられました。

神が伴ってくださった出会いに感謝して、3人の方々の信仰生活がこれからも祝福されるように皆で祈りました。(Re)



2018年12月26日水曜日

クリスマス礼拝(2018/12/23)

クリスマス礼拝の日。
音楽は、ハンドベル、ギターとオカリナの合奏やゴスペル賛美。聖書朗読。
メッセージは「明日への希望」。多くの聖書の箇所を開き、聖書が与える希望とは、安心を与え、確信を与えるものと学びました。
わたしたちのために御子を降して、むなしい生き方から解放し、「愛と希望」を与えてくださった神様に向かって、心より感謝と喜びの賛美を聞き、又捧げることの出来た礼拝でした。

礼拝後の愛餐会では婦人たちの作った手作りのごちそうやケーキを楽しみました。
又、その後ゲームやプレゼント交換でおおいに盛り上がりました!
会員のお友達なども参加されて、大いににぎわった一日でした。(Re)



2018年12月20日木曜日

アドベント礼拝・献児式(2018/12/16)

アドべント礼拝3週目、ハンドベルの演奏で始まった礼拝でした。
その清らかな響きが、地上に平和をもたらすために御子イエスを降された天からの喜びに聞こえます。

今日は1歳を過ぎた幼子が献児式の恵みに預かりました。
誕生時に心臓に問題があったのですが多くのお祈りに支えられて治癒されました。
その感謝と共に赤ちゃんの生涯に神様の祝福が届けられるように家庭が祝されるように皆で祈りました。(Re)



2018年12月18日火曜日

クリスマスコンサート2018/12/15

ゲストは デュオ高瀬さん。おふたりによるヴァイオリンとピアノの素晴らしいコンサートでした!!

ヴァイオリンの音色が、自由自在、「雲雀」の鳴き声やカタロニア地方の「鳥の歌』になりました。
ピアノが目立たずしっかりと支えられます。

よく知られている曲から、讃美歌、クリスマスソングなどを素晴らしい編曲で楽しみました。
音楽は、教会のクリスマスの壁飾りのように、五線譜をたどるように、天に昇って、楽しく美しい世界へみちびき、遊ばせて下さいました。

また、ピアノ担当の奥様のお話には驚きました。今年の春、白血病になられて今も闘病中と。死を覚悟した時、奇跡のようにお祈りによってそこを抜け出たお話。淡々と笑顔で話される様子はまるで天使のよう。

70人以上、半数は会員以外の方々と共に、音楽とお話に深い感動を覚えた午後でした。(Re)


2018年12月11日火曜日

アドベント礼拝(20181202〜)

クリスマスを待ち望む待降節(アドベント)とよばれる時期に入っています。
教会では、礼拝説教はクリスマス講壇となり、クリスマスの出来事が話されます。
今年の王寺教会のテーマは「愛と希望の音色にのせて」でした。牧師先生のネクタイにもLoveとHopeと書かれています!
講壇横の燭台のろうそくの2本目に点火されました。

また、奈良の教会では様々なクリスマスの催しが行われています。1日に行われた奈良福音宣教協力会(南地区)主催のクリスマスコンサートも小坂忠さんをゲストに香芝市のホールで380名の方々と共に恵み溢れた時を持つことが出来ました。
今週私たちの教会では、ゲストのデュオ高瀬さんによる、バイオリンとピアノと歌のクリスマスコンサートが予定されています。
どうぞみなさまでお出かけ下さいませ。
クリスマスの喜びを地域の大勢の方々とわかちあうことができますように!
神様の祝福が地上に愛と希望をもたらしますように!(Re)