2018年8月7日火曜日

8月5日礼拝「平和のために祈る人へ」

夏休み40日間の礼拝は「祈りの学校」。祈りを多方面から学びます。その第4回目の礼拝のタイトルは「平和のために祈る人へ」

8月第一聖日は、毎年戦争と平和について思い巡らし祈る礼拝を持っています。 今年も、戦争の体験談を信徒の方から伺いました。 東京大空襲の後、火事から逃げて隅田川にたどり着き、水を求めており重なって死んで行った人々の光景。
先日TVで見た隅田川の美しい花火の光景と相反する光景が瞼の奥で重なり合います。
平和とは何か、、そして神は平和の神であることをを学びました。
落ち着いた静けさ、委ね切る安心、ひとつとなる調和。

礼拝の最後『聖フランシスの平和の祈り』のピアノ演奏を聴きながらそれぞれに祈りました。
すべての人のために(施政者…)
神の平安につつまれるように
迫害する者(敵)のために
他人の罪を許すために

(祈れない自分を見いだすときそれは神に近づく時と思いました。R)






0 件のコメント:

コメントを投稿